--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/25  フォーメーション考察1 <3バックと4バック> 

 このブログで記してきたサッカーの原則を基に、「プッシュアップ」「プレッシング」「コンパクト」といった守備概念を僕のフォーメーションに取り入れてきました。最も得点率の高いショートカウンターの局面を作り出すには、どのフォーメーションが有効なのか。


守備的すぎる3バック

 以前紹介した上の3-4-3のフォーメーション(詳しくはこちら)は、3CBと両サイドにWBを配置しています。ウイイレのWBは、サイドを攻撃するウイングの役割と、DFラインのサイドをカバーする役割を担っています。なので、このフォーメーションは時に5バック状態となる場合があります。最終ラインに人数が割かれると、守備は安定しますが、中盤の人数が減り、「高い位置でボールを奪う」という第一目標が達成されにくくなっていることに気づきました。結局、最終ラインでボールを奪うことが多くなっていたのです。

 3バックの弱点であるサイドを突かれても、「リトリート」を使えばサイドから崩されることは少なくなります。しかし、結局DFラインがずるずる下がってしまうことになり、「攻撃ゾーン」から遠のいてしまいます。やはり、SBを置いた4バックの方がハイラインのプレッシングには向いていると言えるでしょう。攻撃を組み立てるときも、3CBよりSBを置いた4バックの方がパスを回し易くなります。3CBを攻撃に絡み易くなるように色々考えましたが、どれもパッとしませんでした。(一人のCBを守備意識「高」攻撃意識を「後ろ」にしたSBにした→ビルドアップには絡めるが、DFラインにギャップが生まれスルーパスを通されてしまう)

 僕の感覚だと、3CBが常に残ってしまうのは守備的すぎると思います。しかし、3バック=守備的というわけではなく、設定次第では攻撃的にもなりえます。僕はビハインド時の攻撃的オプションとして3-5-2のフォーメーションも用意しています。2トップですが普通の3トップよりずっと攻撃的です。これは使えると思うので、後日紹介したいと思います。



3バックから4バックへ

 この考察を踏まえて4-3-3のフォーメーションが生まれました。これは、オランダ代表のデフォルトとほぼ同じ(プラス「リトリート」「ポゼッション」フォメのオプション付き)なので紹介は省きます。それとは別に、3バック+守備的WB+攻撃的SHという変則フォーメーションも考えましたが、やはりWBがいないサイドが弱点となり、中途半端なのであまり使ってません。ちょうどトルシエジャパンの右サイドの明神、左サイドで司令塔の役割を担う小野っていう感じにしてみました。




サイドの司令塔

 余談ですが、パサータイプのSHを、攻撃意識を何もつけないでハーフウェイライン付近に司令塔として配置すると、プレスがかかりにくくボールをキープできるので、非常に攻撃が組み立て易くなることに気がつきました。攻撃をそのSH中心に組み立てる左右非対称なフォーメーションも面白いと思います。トルシエジャパン3-4-1-2の小野です。



人気blogランキング
面白かったら一票お願いします

[ 2006/01/25 22:08 ] 戦術考察 | TB(2) | CM(9)

01/13  1対1の守備原則 R2ディフェンス 

 1対1での守備の目的は、とにかく危険度の低いエリアにボールを追い出すことです。図に描かれているリトリートラインから追い出すようにディフェンスしていきます。ドリブルで抜かれたり、ゴール前の危険なエリアへパスを出させることは絶対に防がなければなりません。ボールを奪うことはできなくても、バックパスや横パスをさせれば成功ということができます。ドリブルはサイドに追いやることができればひとまずディフェンスの勝ちと言ってよいでしょう。


サッカーにおける一対一守備の優先順位は次のようになります。
1.インターセプト
2.相手に振り向かせない
3.相手のプレーの方向を限定させる
4.スタンディングタックル(×プレス)
5.スライディングタックル(スライディング)


 まず、相手がボールを受ける前に奪うインターセプトを狙います。それが無理な場合は、間合いをつめて前を向かせないようにします。前を向かれた場合は、むやみにプレスで奪いにいかず、相手のプレーの方向を限定させます。右側か左側か攻めさせる方向をどちらか一方にしぼるのです。(中央からサイドに追いやるような形で片サイドを切る。)そしてうまく追い詰めることができて、奪えると判断したときに初めてプレスで奪いにいく。プレスが間に合わないときの最終手段として、リスクの高いスライディングで止めにいきます。




R2ディフェンス

 R2で体を向きを保ったまま移動するということが守備時にも可能です。このR2ディフェンスを使えば、ボールホルダーと正面で対峙することができ、インターセプトやドリブルからボールを奪いやすくなります。移動速度が遅いので使い所が難しいですが、一対一の局面でクロスやシュートをブロックしたいときなどに使えると思います。


人気ブログランキング
ゲームブログ

[ 2006/01/13 15:41 ] サッカーの原則 | TB(5) | CM(11)

01/06  デモンストレーション(動画公開) 

 先日紹介した僕のフォーメーションを使ってのゴールシーン動画です。フォーメーションごとの狙いを動画で紹介します。(画面ブレまくりですみません)


基本フォーメーション(カウンター)

 1.パスで逆サイドウイングへ

 守備陣がポジションを修正する前に、素早く直線的にゴールへ向かいます。
 まず、CFドログバがボールを受けてDFを引き付け、LWGダフへ渡します。ダフはすぐさまマニュアルパスで逆サイドフリーになったRWGジョー・コールへ。そのままダイレクトボレーで、キーパーの股間を抜けてゴール。

 2.ウイングが抜け出してセンタリング


 WGへのフライスルーパスからCFへクロスというゴール。よく見かけるシーンですが、ちょっと普通と違うので紹介します。
 フライスルーパスが出たとき、ボールの近くにいた選手はオフサイドだったのでプレーを停止し、後方から走りこんできたロッベンが倒れこみながらクロス→ドログバがスライディングシュートという、うまくオフサイドをかいくぐったゴールでした。ラインコントロールをやっていると、オフサイドには敏感になります。僕は、こういうスピーディーで泥臭いゴールが好きですね。




フォーメーションB(ポゼッション)


 DFラインを深くしている相手は、バイタルエリアでプレスがかかりにくく、そのエリアでのパス回しが容易になります。そのバイタルエリアを攻め、×パスで細かく繋いでシュートまで持ち込んだシーンです。


おすすめウイイレ動画サイト:WE9動画攻略ブログ☆


人気ブログランキング
ゲームブログ

01/05  攻撃ゾーンでのボールの獲得 

 上の図は、フィールドを35m間隔で「守備ゾーン」「中盤」「攻撃ゾーン」の三つに分けた図です。チャールズ氏によると、

得点の52.5パーセントは攻撃ゾーンで始まる動きから生まれている

と分析しています。チームが積極的にプレスをかけ続け、攻撃ゾーンでできるだけボールを奪い返す機会を多くすれば、より得点率は高まります。ボールを失うとすぐに自分のゴールへ後退してしまうチームは、重要な得点の機会を失うことになってしまうのです。


チームをコンパクトに

 チームをコンパクトな状態に維持(戦術例)すれば、選手間の距離は狭くなり、ボールがどこにあろうと、そのボールにチャレンジする選手がそこにはいるし、その選手をサポートする別の選手もいることになります。この戦略では、相手は常にプレッシャーを感じ、余裕を持ってプレーすることができなくなります。


攻撃に参加する人数を増やす

 得点は、セットプレーとセットプレー直後にボールを奪い返すことから多く生まれています。出来る限り多くの選手を前線に配置することにより、セットプレーから直接得点に結びつきやすくなるだけでなく、守備者がボールをクリアするのを一層困難にします。それは、攻撃ゾーンでより長くプレーするために重要な要素です。カウンターを恐れて不必要に後方に選手を残しておくことは、勝利からも遠ざかってしまうことになります。コーナーキック時に残しておくDFの人数は、相手オフェンスの数+1で十分です。攻守レベルを調整して、出来る限り前線に人数をかけていくべきでしょう。


 僕は、この「攻撃ゾーンでのボールの獲得」の機会をより多くするために、前線からプレスをかけやすい3TOPを採用しています。以前は、前線でリバウンドボールを拾う重要性を軽視していました。ただ運が良かったということだけで処理して、その機会を増そうとは考えなかったのです。チャールズ氏の本を読んで、「攻撃ゾーンでのボールの獲得」がサッカーにおいてとても重要な要素であることを知り、カウンターサッカーの認識が変わりました。美しいパスワークだけがサッカーじゃないんですね。


よろしければ一票お願いします
ゲームブログ

[ 2006/01/05 18:19 ] サッカーの原則 | TB(0) | CM(3)

12/29  戦術紹介 3/3 「フォーメーションB」 

 戦術紹介の最後は、速攻が通用しない相手に対し、パスワークで攻め崩すためのフォーメーションです。下の画像を見ての通り、バルセロナのデフォルトフォーメーションとほとんど変わりありません。

フォーメーションB(ポゼッション)


ポジション 選手名
攻撃意識
守備意識
GK チェフ
普通
RSB ギャラス
普通
CB テリー
普通
CB カルバーリョ
普通
DH マケレレ
普通
CH ダフ
普通
LSB ブリッジ
普通
CH ランパード
高い
ST ジョー・コール
普通
ST ロッベン
普通
CF ドログバ
普通



・チーム設定
 バックライン:B
 ゾーンプレス:B
 カウンター :B
 オフサイドトラップ:B

・概要
 4バックにして両SBを攻撃参加させることにより、パスコースが増え、より細かなパスワークが可能になります。このフォーメーションBは、深いDFラインを敷いている相手にはかなり有効です。安全にパスを回していけば、永遠に繋げていけるのではないかと思うくらい繋げられるので、「鳥かごだ」と言われたこともあります。しかしこれは、自陣で延々と回し続けてるのとはわけが違います。パスコースが多い=攻撃参加人数が多い=奪われたときのリスクが高い、ということなので、パスが繋がるなりのリスクを負っています。なので、この戦術を用いるときは安全にパスを回さなければ意味がなくなります。2バック状態になる場合もあるので、低い位置でボールを奪われることは絶対に避けなければなりません。しかし、往々にして低いDFラインを敷いてくる相手は人数をかけて守ってくるので、後方では余裕を持ってパスを回せることでしょう。

 STは攻撃の起点となるようなポジショニングをするので、WGより裏へ抜ける動きは少なくなりますが、ショートパスの繋がりは良くなります。バルセロナのように、右利きのロナウジーショは左サイドに、左利きのメッシは右サイドにと、内側に切り込んでいく形を作るために利き足と逆のサイドに配置させます。こうすることにより、利き足でインカーブのかかったシュートが打ちやすくので、より決定率が高まります。

 →動画で見てみる

 前線に4人残すような極端なカウンターをしてくる相手には、SBの攻撃意識を後方に向けると良いかもしれません。ですが、僕はフォーメーションAと合わせて守れば十分対処できると感じます。ポゼッションでゲームのイニシアティブを取るためにも積極的にいった方が良いと思います。

 ※画像のGKの攻撃意識は前へ向いていますが、現在は無くしています。以前はバックラインAにして戦っていたためです。また、僕は飽き性なので戦術をちょこまか変更させてます。それが僕のウイイレの楽しみ方です。


追記:フォーメーションAとBを同時発動させた場合は、フォーメーションAが優先されます。リスクを軽減させるためにも、リトリートディフェンスをフォーメーションAに割り当てると良いと思います。

よろしければ一票お願いします
ゲームブログ

全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。