--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/18  Live挑戦してきました 【今作のバックラインについて】 

オンライン対戦してきましたよ。
使用チームはイングランド。
僕は、自分の戦術に適した一番強いと思うチームを選択します。
戦術が変更すれば、使うチームも変わってきます。



・今作のバックラインの動き

1戦目、勝率50%くらいのオランダ戦。
COMにもろくに勝てない状態でしたが、胸を借りるつもりで挑戦。
序盤、意外に自分ペースでチャンスを作れましたが、
シュートが9の癖がついててことごとく外す。
点は入らんけど、余裕で戦えるじゃーん♪と思っていたら、
空いたサイドを突かれて先制を許す。

しかし、すぐさま自分もサイドをえぐって同点ゴール!
・・・でも何か相手が逆走してたような・・・
と、思っていたらフリーズしてしましました。
初戦でこれかよ^^;;;;;;;;;;;

対戦相手とメールでやりとりしましたが、
LIVEは結構こういうことがあるみたいですね。
まぁ、自分は1試合1試合真剣勝負で全力を尽くすのがモットーで、
結果としての勝ち負けはどうでも良いのです。

今回、バックラインAにするとSBが急激に中央に絞ってきます。
9でもラインを上げれば中央を固める動きをしてましたが、
ここまで急に絞ることはありませんでした。
よって、相手にフィールドを広く使われるときは、
ラインを上げるのは前作以上に危険になってます。

逆に、バックラインBやCだとほとんど絞ってきません。



・自陣深く押し込まれたときのラインコントロール

2戦目、噂のインテルきました。しかも、勝率70%超。
相手のフォメは4トップに近い3-4-3。
自分は、オーソドックスな4-3-3。

相手の戦い方は、サイドで数的有利を作って突破し、
中央に折り返すという9のオンラインでよく見かける戦い方でした。
相手は、GKとDFの間にグラウンダーのクロスを入れてきましたが、
こういう場合、ラインを下げて(バックラインCにして)後ろの
スペースを消せば、ほぼ100%跳ね返せます。


サイドから中央へ繋いでミドルを狙ってきたら、
今度はラインを押し上げて(バックラインAにして)バイタルエリアの
スペースを消します。
そうすれば、ドリブルする余裕もないので積極的にプレスを仕掛けてボールを奪取します。
しかしこのとき、チームが中央へ絞りまくるので、サイドへ展開される
のには気をつけなければなりません。

結果は、特に工夫もなく単純にカウンターが決まって
4-2で勝てました。
2失点はゴール前ヌルッと抜かれてやられましたが、
もう要領がわかってきたのでそう簡単にはやられませんよ。(多分ね)


[ 2007/02/18 17:09 ] 戦術考察 | TB(0) | CM(5)

02/16  【ウイイレX】 プレイ感想 

ウイイレ9の後はウイイレDSという糞ゲーをやっていたので、
思った通りに動けて不満はほとんどないですね。
すごく楽しいです。

9との違いは、スルーパスがあんまりえげつないところへ行かなく
なったなぁというのと、SBが中央に絞らなくなってました。
絞らなさすぎのような気もします。

玉際の競り合いが大事ですね。
安易に体当てにいって負けると、独走されたりします。
プレスは今まで以上に慎重に行かなければならないですね。

戦術的なところは、まだ全然扱ってません。
10みたいにバックライン設定のバグがなければ良いですが。

まだ不慣れなところもあるけど、今日辺りからLIVEに挑戦しようかなと思います。
負けて新たなアイデアが浮かぶことでしょう。

このブログ的には、9のときは守備戦術が主だったので、
今回は攻撃戦術に目を向けて行きたいと思ってます。
[ 2007/02/16 21:15 ] XBOX360買ってしまった | TB(2) | CM(2)

02/13  xbox360が届いた!! 

今日オークションで落とした360が届きました。

本体のでかさは、高い買い物をしたという実感が沸きます。
ケーブルも全部、掃除機のコードのようにでかいです。
ねずみ色のでかいケーブルを配線してるときは、
何となく軍事機器を取り扱ってる気になりました。

Wiiと仲良く並べて設置しました。

wii60


無線LANアダプタも購入したのですが、AOSSが使えないんですね。
繋がってる機器を全部手動で設定しなおすのは、
非常にめんどくさいです。
だからだめなんだよXBOXは。

あと、昨日うちの安物のブラウン管テレビを掃除してたら
背面にD1端子があるのに購入6年目で初めて気がつきました。
コンポジットで繋ごうと思ってたので、うれしい出来事でした。

それじゃあ、もう少ししたらプレイ開始です。
[ 2007/02/13 22:05 ] XBOX360買ってしまった | TB(0) | CM(0)

02/10  ウイイレX買ってしまいました 

ご無沙汰しております、のりです。

XBOX360とウイイレXを買ってしまいました。
ウイイレだけのために360を買う事になるとは。

近々、「ウイニングイレブンX 戦術考察日記」として
復活するかもしれません。
[ 2007/02/10 23:46 ] XBOX360買ってしまった | TB(0) | CM(2)

02/13  バックライン考察 <高精度ラインコントロール> 

 チーム戦術のバックライン設定にはABCの3段階があり、DFラインの高さはA>B>Cとなります。今回は、オフザボールの動きとバックライン設定の関係性をまとめてみました。

オフザボールの移動速度

 オフザボールの選手の移動速度には大きく2段階があります。一つは普通に走っている状態、もう一つはダッシュしている状態。ダッシュは、ワンツーやパスアンドゴーをしたとき、または「飛び出し」が発動したときの速度です。「飛び出し」は特殊能力の「飛び出し」に☆が付いてる選手や、「パサー」「司令塔」に☆が付いてる選手がボールを持ったときによく起こります。

バックライン設定との関係性

 バックラインをAにすると、前者の通常速度でもDFライン上に並ばれてしまい、その状態でスルーパスを出されると通されてしまいます。逆にバックラインをCにすると、ダッシュで走られてもそれに連れてDFラインも下がっていくので、スルーパスを通されることはほとんどありません。バックラインBは、通常速度ではライン上に並ばれることは無いですが、ダッシュには付いていけず、タイミング合わせてスルーパスを出されると通ってしまいます。このオフザボールの移動速度とバックライン設定の関係性をまとめると、他の設定との兼ね合いもありますが、だいたい以下の表のようになります。
バックライン
通常速度
ダッシュ
A
抜け出される 抜け出される
B
抜け出されない 抜け出される
C
抜け出されない 抜け出されない


高精度ラインコントロール

 以前、バックラインAとCに設定したフォーメーションを使い分け、積極的なハイラインプレッシングを行いながらもスルーパスに対応させるという戦術を紹介しました(*1)。しかし、この両極端の設定を使い分ける戦術は、デメリットをケアすると同時に、また新たなデメリット作り出すことになり、的確に状況を判断する人を相手にすると、逆にチャンスを与えかねない戦術でした。そこで、僕はバックラインABC全てを駆使し、より高精度なラインコントロールを行うようにしました。バックラインAは常にスルーパスの危険にさらされていますが、抜け出そうとしている選手の移動速度が通常速度ならば、バックラインBで対応できます。バックラインCでも対応できますが、それでは必要以上にラインを下げてしまうので、また新たな弱点が現れるのです。バックラインCはダッシュで飛び出した選手を捕まえるときのみ使用します。もちろんいつ「飛び出し」が発動されるかわからない時があるので、そのときは余裕を持ってCにします。

 この戦術がうまくいけば、ラインを下げたときのバイタルエリアをケアするDHを置く必要もなくなるかもしれません。そうなれば、より攻撃的なフォーメーションにすることも可能になりますね。ラインの上げ下げに無駄を無くせば、より高い位置でボールを奪う確率も高まります。まだテスト段階ですが、この戦術をこれからも使い続けることになるだろうと思います。

*1 「状況に即したラインコントロール


人気blogランキング
面白かったら一票お願いします

[ 2006/02/13 23:34 ] 戦術考察 | TB(14) | CM(12)
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。