--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

01/25  フォーメーション考察1 <3バックと4バック> 

 このブログで記してきたサッカーの原則を基に、「プッシュアップ」「プレッシング」「コンパクト」といった守備概念を僕のフォーメーションに取り入れてきました。最も得点率の高いショートカウンターの局面を作り出すには、どのフォーメーションが有効なのか。


守備的すぎる3バック

 以前紹介した上の3-4-3のフォーメーション(詳しくはこちら)は、3CBと両サイドにWBを配置しています。ウイイレのWBは、サイドを攻撃するウイングの役割と、DFラインのサイドをカバーする役割を担っています。なので、このフォーメーションは時に5バック状態となる場合があります。最終ラインに人数が割かれると、守備は安定しますが、中盤の人数が減り、「高い位置でボールを奪う」という第一目標が達成されにくくなっていることに気づきました。結局、最終ラインでボールを奪うことが多くなっていたのです。

 3バックの弱点であるサイドを突かれても、「リトリート」を使えばサイドから崩されることは少なくなります。しかし、結局DFラインがずるずる下がってしまうことになり、「攻撃ゾーン」から遠のいてしまいます。やはり、SBを置いた4バックの方がハイラインのプレッシングには向いていると言えるでしょう。攻撃を組み立てるときも、3CBよりSBを置いた4バックの方がパスを回し易くなります。3CBを攻撃に絡み易くなるように色々考えましたが、どれもパッとしませんでした。(一人のCBを守備意識「高」攻撃意識を「後ろ」にしたSBにした→ビルドアップには絡めるが、DFラインにギャップが生まれスルーパスを通されてしまう)

 僕の感覚だと、3CBが常に残ってしまうのは守備的すぎると思います。しかし、3バック=守備的というわけではなく、設定次第では攻撃的にもなりえます。僕はビハインド時の攻撃的オプションとして3-5-2のフォーメーションも用意しています。2トップですが普通の3トップよりずっと攻撃的です。これは使えると思うので、後日紹介したいと思います。



3バックから4バックへ

 この考察を踏まえて4-3-3のフォーメーションが生まれました。これは、オランダ代表のデフォルトとほぼ同じ(プラス「リトリート」「ポゼッション」フォメのオプション付き)なので紹介は省きます。それとは別に、3バック+守備的WB+攻撃的SHという変則フォーメーションも考えましたが、やはりWBがいないサイドが弱点となり、中途半端なのであまり使ってません。ちょうどトルシエジャパンの右サイドの明神、左サイドで司令塔の役割を担う小野っていう感じにしてみました。




サイドの司令塔

 余談ですが、パサータイプのSHを、攻撃意識を何もつけないでハーフウェイライン付近に司令塔として配置すると、プレスがかかりにくくボールをキープできるので、非常に攻撃が組み立て易くなることに気がつきました。攻撃をそのSH中心に組み立てる左右非対称なフォーメーションも面白いと思います。トルシエジャパン3-4-1-2の小野です。



人気blogランキング
面白かったら一票お願いします

[ 2006/01/25 22:08 ] 戦術考察 | TB(2) | CM(9)

12/23  状況に即したラインコントロール 

バックライン設定の影響

 ウイイレはスルーパスが非常に強く手軽に出せるので、適当にやってもものすごい精度で裏へ抜け出したりすることがあります。しかし、チーム設定のバックラインを「C」に設定すれば、ラインを押し上げることはせず、ずるずるゴール前までDFが下がっていくので、大抵のスルーパスは防げるようになります。

 ですがその反面、ラインがずるずる下がると中盤が間延びし、プレスがかけにくくなってバイタルエリアでのパス回しが容易になってしまいます。守備の人数が足りていても、味方がペナルティエリア内にまで引き下がってしまって、ミドルシュートの餌食になってしまいます。ですので、スルーパスが怖いといって簡単にDFラインを下げてしまっても良くないのです。ラインを上げれるときには上げ、スルーパスを通される危険があるときには下げるといったような、柔軟な対応が必要になってきます。


ラインコントロールの方法

 そのラインコントロールの方法ですが、2つのやり方が考えられます。一つは作戦のオフサイドトラップを使うというやり方です。基本はラインを低く設定しスルーパスに対応できるようにしておき、危険の少ないときに作戦を発動してラインを押し上げるという方法です。これは瞬時にラインを押し上げることが可能ですが、敵がオフサイドの位置になるまでスーッと上がり続けるので、何よりリスクが高いです。よって使いどころがかなり限られてくるでしょう。

 もう一つの方法は、作戦のフォーメーションA(B)を使って、バックラインAに設定しているフォメからバックラインCに設定したフォメに変えるといったようなやり方です。基本はバックラインAのライン上げ上げでガチガチのプレッシングサッカーを行ない、裏が狙われそうになったらバックラインCに設定したフォメにチェンジしてリトリートディフェンスに変えるといった具合で僕は使用しています。このやり方だと、チーム設定と同時に、それぞれのディフェンス方法に合ったポジショニングや攻撃意識などを設定できます。これは前者よりもリスクが少なく、効果も高いのでおすすめです。

 これらの詳しい設定などは後ほど紹介したいと思います。


 作戦のフォーメーションの設定方法はウイニングイレブン9攻略情報@W-Eleven.jpさんの所に詳しい解説があります。
 →「試合中にフォーメーションを変える(設定方法)」



 参考文献:
  ワールドサッカーウイニングイレブン9 公式ガイド ストラテジックエディション
  ワールドサッカーウイニングイレブン9 公式ガイドヴァーサスエディション


よろしければ一票お願いします
ゲームブログ

[ 2005/12/23 02:43 ] 戦術考察 | TB(1) | CM(0)

12/21  はじめに 

 Yahoo!ブログで戦術考察日記を書いていましたが、こちらに引っ越してきました。よろしくお願いします。しばらく記事は書いてませんでしたが、ウイイレはずっとやっていたので、これまで考え貯めてきたものをまとめ上げようと思います。

 なお、ここに載る戦術の評価は僕の個人的な感覚によるものなので、的外れな分析をしてる可能性があります。なので、感想やアドバイスなどありましたらどんどんコメントください。



カテゴリの紹介

戦術考察
 戦術の紹介や、プレー中に気づいたことなど思索の過程をメモ的な感じで書いていきます。
サッカーの原則
 ここでは、チャールズ・ヒューズ著の「勝利への技術・戦術」をバイブルに、僕の戦術のベースとなるサッカーの原則を記していきたいと思います。ちなみに「勝利への技術・戦術」はゲームの本ではなくて、普通のサッカー教本です。30年間に及ぶ統計データから、点を取ることと試合に勝つキーポイントが何であるか、厳密に分析された本です。ポゼッションサッカーの否定から始まり、僕のサッカー観を変えた内容でした。みなさんの戦術を構築するときの参考にしてください。
マイフォーメーション
 僕が使用しているフォーメーション、チーム設定などを詳しく紹介します。ベースにするチームはチェルシーです。理由は、複数のポジションをこなせる選手が多くいて、あらゆる戦術に対応できるからです。

[ 2005/12/21 17:35 ] 戦術考察 | TB(0) | CM(4)
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。