--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/28  戦術紹介 2/3 「フォーメーションA」 

 基本フォーメーションの弱点であるDFライン裏へのスルーパスに対応させるために、バックラインCに設定したこのフォーメーションを使用します。これはリトリートディフェンスを行うためのフォメであり、守備時以外には使用しません。

フォーメーションA(リトリート)


ポジション 選手名
攻撃意識
守備意識
GK チェフ
普通
CB ギャラス
普通
CB テリー
普通
CB カルバーリョ
普通
DH マケレレ
普通
RWB ダフ
高い
LWB ブリッジ
高い
OH ランパード
高い
RWG ジョー・コール
高い
LWG ロッベン
高い
CF ドログバ
普通

・チーム設定
 バックライン:C
 ゾーンプレス:B
 カウンター :B
 オフサイドトラップ:B

・概要
 バックラインを下げ、後方のスペースを埋めることによってスルーパスに対応させるフォーメーションです。DFにとって一番の危険なパスは、背後へのスルーパス(「パスの優先順位」参照)なので、ある程度余裕を持ってこのフォメにチェンジしていかないといけません。その判断はやっているうちに的確にできるようになりました。相手が手詰まりになってバックパスをしたときには、このフォメをバックラインAの基本フォメに戻し、作戦のオフサイドトラップも併用して、猛然とDFラインをプッシュアップさせます。なるべく自陣内でプレーさせないようにするのです。相手ゴールに近い位置で奪えれば、即シュートチャンスが訪れます。

 僕は、WGの守備意識を「高い」にして攻撃意識も後方に向け、守備に参加させます。WBやCBがディレイをかけているうちにWGが戻ってきてボールを奪取することができます。なぜか攻撃意識を後方のみにすると守備に戻ってこなくなるので、前方の攻撃意識も付けました。ロングカウンターは成功率がそれほど高くないので、引いて守るときはFWにも守備をさせます。しかし、あまり守備的にしすぎると攻撃が組み立てにくくなるので、チーム設定のカウンターBはそのままにしてバランスを取っています。

 参考:サイドのディフェンスについての攻略記事
 →「サイドで囲む!」 by Pekology Blogさん

 コーナーキック時は、基本フォメのままだとFW陣が前線に張ったままになるので、僕はこのフォメにチェンジして守備に参加させます。(攻守レベルを低くすることでも対応できます。)


 次回は、速攻を仕掛けようにもスペースを与えてくれない、自陣深く守る相手を崩すためのフォーメーションを紹介します。特に変わったフォーメーションではありませんが、的確な使い方をすれば強力な戦術となります。

面白かったら一票お願いします。

スポンサーサイト

こんにちは♪
あやです。検索してたら、このブログにたどり着きました。
あやもブログはじめたどぉお☆
で、お友達がほしいなぁ。コメント大歓迎!!!、ヽ(´∀`)ノ
よかったら、あやのとこにもあそびにきてください

★・。・。☆・゚。・。ByeBye!
[ 2005/12/29 15:52 ] aya [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://wetac.blog42.fc2.com/tb.php/7-41520c56

第一ポッドブラジルアルゼンチンドイツオランダイングランドイタリアフランスチェコ第二ポッドコロンビアウルグアイパラグアイセネガル南アフリカチュニジアナイジェリアカメルーン第三ポッドウクライナポルトガルスイストルコスウェーデンアイルランドセルビア・モンテネグ
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。