--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/25  カウンターか、ポゼッションか? どっちもや 

フレキシビリティ戦術

 大きな長所を持っているフォーメーションは、同時に大きな弱点をも抱えているものです。例えば、高いDFラインを保ち中盤をコンパクトにした戦術は、相手にボールをキープする余裕を与えず高い位置でボールを奪いやすいという利点を持っています。しかしその反面、高いDFラインの裏には広大なスペースが生まれ、スルーパスを出される危険性が高まります。

 そこで僕は複数のフォーメーションを用意し、試合状況や相手の戦術によって使い分けながら戦います。こちらで紹介したように、基本はライン上げ上げのプレッシングサッカーを行ない、スルーパスが出されそうになったら、作戦のフォーメーションA(B)を使ってバックラインを低く設定したフォメにチェンジし、リトリートディフェンスに変えるといった具合にです。

 オフェンスに関しては、素早く直線的に相手ゴールに向かって少ないパスで攻撃を組み立てるカウンター型と、パスを細かく繋ぎボールを確実にキープしながらシュートチャンスを伺うポゼッション型に使い分けます。基本は、サッカーにおいて最も得点率の高いショートカウンターの局面(こちらを参照)を作るためにガチガチのプレッシングサッカーを行ない、相手が自陣深く下がって守備をする場合は速攻が通用しなくなるので、確実にパスを繋ぎじわじわと組み立ててシュートに持ち込みます。

 このように僕の戦術は、ディフェンスに関してはプレッシングリトリート、オフェンスに関してはカウンターポゼッションという4つの姿に変化するのです。

 お話はこの辺にして、次回はその具体的なフォーメーション設定を紹介したいと思います。

よろしければ一票お願いします
ゲームブログ
スポンサーサイト

ども。こんちわ。
メール拝見してやってきました。
リンクしておきましたー。

いやはや難しいけど勉強になりますねー。
うちは戦術癌的なところはいまいち弱いので、見習いますです!

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2005/12/25 11:21 ] たかと@w-eleven.jp [ 編集 ]
リンクありがとうございます!

バックラインの設定などはある程度やりこんだ人じゃないとわかりにくいと思うので、たかとさんのサイトを参照させて頂いて、よりわかりやすい記事を書こうと思います!

今後ともよろしくお願いします。
[ 2005/12/25 21:10 ] のり [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://wetac.blog42.fc2.com/tb.php/5-1add8dda

BlogCup2005 2nd参加者・使用チーム紹介で紹介したとおり、今回使用するチームはACミランです。このACミランを使う上での自分なりのフォーメーションは以下の通りです。
[2006/01/06 00:05] [Z]ZAPAブロ~グ
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。