--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

12/23  パスの優先順位 

 下記にあるパスの種類は、オフェンスにとって優先度が高い順に並べています。つまり、ディフェンスにとって致命的となるパスの順となっています。

 1.DF背後のスペースへのパス
 2.最前線の味方の足元へのパス
 3.少なくとも一人のディフェンスを越えるパス
 4.攻撃の方向を変えるためのパス
 5.サポートする選手への後方パス

1.DF背後のスペースへのパス
 DF背後へのスルーパスは、守備陣にとって一番対処しにくく、得点に結びつきやすいパスです。ボールを持ったらまずこの背後へのスルーパスが可能なのかを見極めなければなりません。
 ウイイレのスルーパスは強力なので、リアル感を保つためにスルーパスを自重するような人もいます。ですが、これはハメ技でもなんでもなく、いくらでも戦術的に対応することが可能(例えば、こちらを参照)なので、そのような縛りを加える必要はないと思います。スルーパスを出せるのに出さないのでは、それこそサッカーでは無くなります。

2.最前線の味方の足元へのパス
 裏へのパスができなければ、次の選択として最前線の選手の足元へボールを送ることです。大部分の相手選手を越えてプレーすることになります。

3.少なくとも一人のディフェンスを越えるパス
 次の策は、できる限り前方にパスをして、多くの相手選手を飛び越えることです。少なくとも一人のディフェンスを越えられれば、ポジション修正が必要となり、守備陣に歪みを与えます。

4.攻撃の方向を変えるためのパス
 前方にボールを運ぶスペースがなければ、次に攻撃の方向を変えることができるか判断します。試合がフィールドの片側だけで行われてるときは、反対側に大きなスペースが生まれることがよくあります。こういう場合にはできるだけ素早くサイドチェンジを行ない、次の展開へ移ります。

5.サポートする選手への後方パス
 攻撃の方向も変えられなければ、その時だけ、バックパスをし、前方へプレーする機会をうかがいます。


 これは現実のサッカーのお話ですが、ウイイレとの相違点はあまり感じません。僕はそのまま流用できると考えます(その点ウイイレはよくできたゲームだなぁと思います)。もちろん例外はあり得ますが、このような優先順位を意識し、的確で素早い判断ができれば、よりゴールが生まれやすくなるでしょう。



よろしければ一票お願いします
ゲームブログ
スポンサーサイト

[ 2005/12/23 23:24 ] サッカーの原則 | TB(0) | CM(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2005/12/24 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。