--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/13  バックライン考察 <高精度ラインコントロール> 

 チーム戦術のバックライン設定にはABCの3段階があり、DFラインの高さはA>B>Cとなります。今回は、オフザボールの動きとバックライン設定の関係性をまとめてみました。

オフザボールの移動速度

 オフザボールの選手の移動速度には大きく2段階があります。一つは普通に走っている状態、もう一つはダッシュしている状態。ダッシュは、ワンツーやパスアンドゴーをしたとき、または「飛び出し」が発動したときの速度です。「飛び出し」は特殊能力の「飛び出し」に☆が付いてる選手や、「パサー」「司令塔」に☆が付いてる選手がボールを持ったときによく起こります。

バックライン設定との関係性

 バックラインをAにすると、前者の通常速度でもDFライン上に並ばれてしまい、その状態でスルーパスを出されると通されてしまいます。逆にバックラインをCにすると、ダッシュで走られてもそれに連れてDFラインも下がっていくので、スルーパスを通されることはほとんどありません。バックラインBは、通常速度ではライン上に並ばれることは無いですが、ダッシュには付いていけず、タイミング合わせてスルーパスを出されると通ってしまいます。このオフザボールの移動速度とバックライン設定の関係性をまとめると、他の設定との兼ね合いもありますが、だいたい以下の表のようになります。
バックライン
通常速度
ダッシュ
A
抜け出される 抜け出される
B
抜け出されない 抜け出される
C
抜け出されない 抜け出されない


高精度ラインコントロール

 以前、バックラインAとCに設定したフォーメーションを使い分け、積極的なハイラインプレッシングを行いながらもスルーパスに対応させるという戦術を紹介しました(*1)。しかし、この両極端の設定を使い分ける戦術は、デメリットをケアすると同時に、また新たなデメリット作り出すことになり、的確に状況を判断する人を相手にすると、逆にチャンスを与えかねない戦術でした。そこで、僕はバックラインABC全てを駆使し、より高精度なラインコントロールを行うようにしました。バックラインAは常にスルーパスの危険にさらされていますが、抜け出そうとしている選手の移動速度が通常速度ならば、バックラインBで対応できます。バックラインCでも対応できますが、それでは必要以上にラインを下げてしまうので、また新たな弱点が現れるのです。バックラインCはダッシュで飛び出した選手を捕まえるときのみ使用します。もちろんいつ「飛び出し」が発動されるかわからない時があるので、そのときは余裕を持ってCにします。

 この戦術がうまくいけば、ラインを下げたときのバイタルエリアをケアするDHを置く必要もなくなるかもしれません。そうなれば、より攻撃的なフォーメーションにすることも可能になりますね。ラインの上げ下げに無駄を無くせば、より高い位置でボールを奪う確率も高まります。まだテスト段階ですが、この戦術をこれからも使い続けることになるだろうと思います。

*1 「状況に即したラインコントロール


人気blogランキング
面白かったら一票お願いします
スポンサーサイト

[ 2006/02/13 23:34 ] 戦術考察 | TB(14) | CM(12)
今回も内容の濃い記事ですね。
毎回参考になります。

自分はバックラインAかBで、ライン高めで勝負してます。
COM相手だと余裕なんですが、対人戦となると難しかったりしています。。

ここまで細かい設定となると、WEの世界観が変わるような気がしますね。
一度トレーニングしてみます!
[ 2006/02/14 04:48 ] ヨウ [ 編集 ]
紹介されていたプレッシングのフォーメーションを試してみました。最初は上手くいったのですが、相手がなれてくるとスルーパスを通されてしまいます。リトリートで対処するもなかなか難しくて…今はバックラインBに落ち着いています。CB&SBをペナルティラインより後ろに配置して(攻撃を考慮してSB左右どちらか一方は前め)、ひいてプレスする感じにしてます。Cだとずるずるさがって扱いづらいし、Aだとミスが命とりになるので、Bが無難かなと。
それと守備原則の記事とても参考になりました。リトリートラインから追い出して、サイドからの切りこみやクロスに対してはR2ディフェンス(慣れるまで時間がかかりましたが)&□プレスを多用せずゾーンディフェンスを崩さないようにすることで失点がかなり減りました。
次回の記事も楽しみにしてます!
[ 2006/02/14 08:40 ] 天狗さん [ 編集 ]
どうも、フィー・ゴスタです。

いつも参考になる記事ばかりですね。
僕はラインは常にAですね~

ところで、突然なんですが、この掲示板↓
http://www.freebbs.biz/patio/patio.cgi?user=fiegosta
のりさんのところにはっていただけないでしょうか?

前にpekoさんとcrowさんが共同のウイイレ掲示板作ったじゃないですか?
あれみて思いついたんですけど、
各サイトの管理人やサッカー好きの人が一つの掲示板で語り合えたらいいな~と思って。
これから他のサイトでもお願いする予定です。
なにとぞよろしくお願いします。
[ 2006/02/14 20:20 ] フィー・ゴスタ [ 編集 ]
ウイイレやっていたときは3バックならA、4バックならBでした。やはり統率を取りやすい3バックはオフサイドトラップを掛けやすい点で利用価値があります。(日本代表のようにスイーパーをおく場合はバックラインはCが丁度いいがww)

[ 2006/02/17 15:54 ] Yuki [ 編集 ]
初めまして、NAOと申します。
大変参考になる考察でした。自分もウイイレのblogを立ち上げました。よろしかったら相互リンクさせてください。
よろしくお願いいたします。
[ 2006/02/17 17:11 ] NAO [ 編集 ]
ウイイレ9技術研究所(Yuki's blog別館)
http://blog.livedoor.jp/yukichan2006/

ウイイレ専用のブログを別館として作りましたので改めまして相互リンクよろしくお願いします。
[ 2006/02/21 01:06 ] Yuki [ 編集 ]
ウイイレ専用ブログのほうにもリンクいたしましたのでよろしくお願い致します。
[ 2006/02/23 16:33 ] NAO [ 編集 ]
はじめまして。「ウイレレかぶれ。」というblogをやっていますMR.LITTLEといいます。よろしくお願いします。
バックライン設定との関係性
とても参考になりました!そんな関係があったなんて。スルーパスじゃんじゃん通されてましたよ!そういえば、ラインAでした!さっそく色々試してみたいと思います。
ありがとうございました!
これからもちょくちょく出没して勉強したいとおもいま~す^^

追伸:blogの相互リンクをさせて頂きたいと思いますのでどうぞご検討下さいm(_ _)m
[ 2006/03/03 16:56 ] MR.LITTLE [ 編集 ]
初めまして。アレックスと申します。ここの戦術考察にはまってしまいました。(^.^)早速ですが、このフォーメーションの場合、最終ラインのディフェンスシステムは何が最適でしょうか?僕はノーマルでやってみました。また、マンマークはどうでしょうか?対3トップのときなど。
[ 2006/03/13 22:57 ] アレックス [ 編集 ]
こんにちは、フルサットです^^
実は僕、密かにホームページを作っていました^^
それが一段落付いたので、相互リンクのお願いに上がりました^^
名前は、「ウイニングイレブン10 研究サークル」で、URLは、http://winningelevenkenkyuucircle.web.fc2.com/です!><;
よろしければリンク集に加えてください^^
それでは失礼します~♪
[ 2006/04/18 07:03 ] フルサット [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/05/20 20:00 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/09/10 08:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://wetac.blog42.fc2.com/tb.php/13-bbbedb8b

O家の主人@FCブラジルです。えー、会社帰りに寄り道してきました。ぎゃはは。池袋のサンシャイン通り沿いのゲーセン。学校近かったんで学生時代は良く出没してたんですけどね、家も会社も逆方向なんで池袋は超久しぶり。しかも夜の池袋となると学生時代以来....
ドエライ発見をしました!!なんとウイイレ10でも「超コントロールシュート」が使えるんですッ!!前回の記事で、「シュートの打ち分け」を書いて、「超コンは片方は使えない
ようやく、「フリーキックの距離別のキックの打ち分け方」が固まりました (今朝、鬼のように練習しましたよ)前回の「前回のFKの記事」でも書いたと思うんですが、「R1ボタンを押
最初に言っておきますと、「これは、本ッ当に超ド級のメチャクチャ凄いテクニック」なんですよ (川平慈英だったら、目ン玉飛び出てますよ)「あなたの常識を根底から変えてしま
※ この記事は、REYESさんのコメントから、発想と検証を広げていったものです。「ウイイレ10」の一番良いセンタリングは、「R2+○ボタン2回押し」のクロスですねちなみに、「R2ボ
今日は、「空中戦で勝つ為のコツ」を紹介します~基本的には、「R1ボタンを押しっぱなし」で競れば空中戦にはほとんど勝てます (特に自陣ゴール前の空中戦は安全だし、これがベス
※ このテクニックはぺジャさんの許可を得て、掲載していますこれはもう、超大作の「シュートテクニック」なんですよきよし師匠だったら、もう確実に、目ん玉飛び出てますよループシュートのテクニックなん
皆さんは、サイドからの直接フリーキックの時、「選手が全く中に入っていかない、飛び出してくれない」と悩んではいないでしょうかその時は、「キッカーの数を変える《L1とR1の同時押し》を3回繰り返してみてください
あなたは、「自分のダッシュドリブルは取られるのに、相手のダッシュドリブルは止められない」と凹んだ事はありませんか実はこのテクニックで、あなたのダッシュドリブルもCOMに取られなくなるんです (何か久しぶ
「ジュニーニョの直接フリーキックで、どうすれば一番シュートが入るかを、徹底検証しました」今回は、ジャックナイフフリーキック等も駆使して、「僕が自信を持って言える、FKが最も入りやすい距離別の打ち分け方の記
この、「スライドドリブルから、ダッシュ&シュート」は、2トップの時の方が、威力を発揮するんです「ウイニングイレブン10」では、「9の時と違って、縦にスライドドリブルをした方が有効」ですスライドドリブ
皆さんは、「ヘディングシュートを打ち分けていますか」実は、「シュートだけでなく、ヘディングも打ち分ける事が出来る」んです (エエエェェェェッ)それでは、攻めと仮定して、説明しますねヘディング
※ これは、REYESさんが作曲したものに、僕が作詞をしたテクニックです皆さんは、「ディフェンスに追いやられた時、むやみな■クリアで、CKを取られていませんか」今回は、「そんなお悩みを一発で解消できる
最近、よく思う事があるんですそれは、対人戦では、「コントロールスルーパスを多く出した方が、試合に勝つだろうな」という事ですコントロールスルーパスは、もう、あれは、「怖ろしいぐらい正確で速いパス」だ
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。