--/--  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

02/13  バックライン考察 <高精度ラインコントロール> 

 チーム戦術のバックライン設定にはABCの3段階があり、DFラインの高さはA>B>Cとなります。今回は、オフザボールの動きとバックライン設定の関係性をまとめてみました。

オフザボールの移動速度

 オフザボールの選手の移動速度には大きく2段階があります。一つは普通に走っている状態、もう一つはダッシュしている状態。ダッシュは、ワンツーやパスアンドゴーをしたとき、または「飛び出し」が発動したときの速度です。「飛び出し」は特殊能力の「飛び出し」に☆が付いてる選手や、「パサー」「司令塔」に☆が付いてる選手がボールを持ったときによく起こります。

バックライン設定との関係性

 バックラインをAにすると、前者の通常速度でもDFライン上に並ばれてしまい、その状態でスルーパスを出されると通されてしまいます。逆にバックラインをCにすると、ダッシュで走られてもそれに連れてDFラインも下がっていくので、スルーパスを通されることはほとんどありません。バックラインBは、通常速度ではライン上に並ばれることは無いですが、ダッシュには付いていけず、タイミング合わせてスルーパスを出されると通ってしまいます。このオフザボールの移動速度とバックライン設定の関係性をまとめると、他の設定との兼ね合いもありますが、だいたい以下の表のようになります。
バックライン
通常速度
ダッシュ
A
抜け出される 抜け出される
B
抜け出されない 抜け出される
C
抜け出されない 抜け出されない


高精度ラインコントロール

 以前、バックラインAとCに設定したフォーメーションを使い分け、積極的なハイラインプレッシングを行いながらもスルーパスに対応させるという戦術を紹介しました(*1)。しかし、この両極端の設定を使い分ける戦術は、デメリットをケアすると同時に、また新たなデメリット作り出すことになり、的確に状況を判断する人を相手にすると、逆にチャンスを与えかねない戦術でした。そこで、僕はバックラインABC全てを駆使し、より高精度なラインコントロールを行うようにしました。バックラインAは常にスルーパスの危険にさらされていますが、抜け出そうとしている選手の移動速度が通常速度ならば、バックラインBで対応できます。バックラインCでも対応できますが、それでは必要以上にラインを下げてしまうので、また新たな弱点が現れるのです。バックラインCはダッシュで飛び出した選手を捕まえるときのみ使用します。もちろんいつ「飛び出し」が発動されるかわからない時があるので、そのときは余裕を持ってCにします。

 この戦術がうまくいけば、ラインを下げたときのバイタルエリアをケアするDHを置く必要もなくなるかもしれません。そうなれば、より攻撃的なフォーメーションにすることも可能になりますね。ラインの上げ下げに無駄を無くせば、より高い位置でボールを奪う確率も高まります。まだテスト段階ですが、この戦術をこれからも使い続けることになるだろうと思います。

*1 「状況に即したラインコントロール


人気blogランキング
面白かったら一票お願いします

スポンサーサイト
[ 2006/02/13 23:34 ] 戦術考察 | TB(14) | CM(12)
全記事表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
ウイイレサイトランキング
スポンサーリンク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。